ライティングが上手くなるコツ

ライティングが上手くなるコツ
ああもっと文章を書くのが上手くなりたいなあ……。
そうだね。
どうやったら上手くなるかな?

書くほど上達する

聞いた話によると「アウトプットこそ最大のインプット」という言葉があるらしいよ
そうなんだ?
でもね。
実は必ずしもそうではないんだ。
どうして?
例えば、業務日報のように毎日定例的に書くことが目的となってしまっては上達しないんだ。
作業的になっちゃうもんね。
そうなんだ。
ただ書けばいいというものではないんだよ。
じゃあどういったところが重要なの?
それは考察することだね。
考察すること?
そう。
書きながらどうやって書いたらよく伝わるか書いた文章をどう修正したらもっとよく伝わるかを考えるんだ。
でもまっさらな状態から急に書き出せと言われても難しい話だよね。
それを少し簡単にするコツがあるからいくつか紹介するね。

リライトする事が近道

文章においての上達するコツはリライトすることなんだ。
リライト?
修正のことだよ。
ついさっきまっさらな状態から書き出すコツを紹介するって言ってたじゃない。
まあまあ話を最後まで聞いてよ。
まっさらな状態でまずは話の結論をどうするかを決めて箇条書きでいいから書いてしまおう。
その次にその結論にどうやって話を運んでいくかを考えながら書き加えたり、並べ変えるんだ。

ライティングを上達する型3選

初めのうちは次に紹介する方法が良いんじゃないかな。
僕も今はこの段階だよ。
あはは。
偉そうなことは言えないね。
この続きは人気のホテルが割引でお得に【Cansell(キャンセル)】の広告を見ると読めます。
興味が無い場合は飛ばしてください。
###ここに表示されます###

試しにやって見よう

色々説明したけど、読んで分かった気になるだけじゃダメだよ。
とにもかくにも、手を動かしてやってみよう!
「わかった」「しってる」と「やった」は天と地の差があるもんね。
書けば書くほど、リライトする程うまくなるよ!がんばろう!

ブログカテゴリの最新記事