世界とは何? その意味は? 世界を広げるには

世界とは何? その意味は? 世界を広げるには
こんにちは、ワッコです!
世界って言葉を聞くとスケールが壮大なイメージがありませんか?
そもそも世界とは何でしょうか。説明を求められたら何て答えますか?
今回は世界についてお話していきますね。

世界の世とは

ご存知の通り世界という字は2文字で構成されています。
世とは何でしょうか。一人称にも見えますね。

人の一生。生涯。また、寿命。年齢。「わが―の終わり」

引用元:https://kotobank.jp/word/世-85461

世とは対象者の一生を指すようです。
人の一生を一世や二世と数えたりしますし、一世は幼少期や更年期などの期で構成されています。
ここでは人の一生を世として説明を進めますね。

世界の界とは

では界とは何でしょうか。

区切り。境 (さかい) 。仕切り。「界を接する」

引用元:https://dictionary.goo.ne.jp/jn/35188/meaning/m0u/

界は境を指すようです。
業界とか界隈とか聞いた事がありませんか?
任意の基準で物事を整頓した結果、必ず界ができます。本を整頓すればジャンルの境界ができますよね。

世界の広げかた

ここまでの話を纏めると、世界とは対象となる人物の一生で認知している範囲の物事を言います。
私が対象なら、私が見聞きした認知の範囲が私の世界で、私が見たことも聞いたことも無いものは知らない世界となります。
相手の世界は、その人の一生で見聞きした物事を言います。例えば他人が自宅で親子水いらずの会話をどう繰り広げているか、本人でなければ想像できても明確に知ることはできません。
という事は、世界を広げるには、知らない事を見聞きして認知の範囲を広げれば良いのです。旅行へ行って自分の世界を広げるのも良いでしょう。人と会って他人の世界を共有して貰うのも良いでしょう。

他人の世界を知る方法

自分の世界を広げるのも良いですが、他人の世界を共有して貰えれば効率的に視野が広がります。
自分の世界は自分の1ヵ月を費やしても1ヵ月ぶんしか知れませんが、他人は既に年齢分の世界を知っています。もちろん重複していて自分は既知の部分もあると思いますが、それでも1ヵ月で良好な関係を築いて話を聞けば数年分の世界を知ることができます。
効率的に世界を知るには、他人の事をよく知り受け入れる事ができなくても尊重すれば良いのです。
でも相手の事をよく知る前に、相手が話しやすくなる空気作りが重要です。
その為に効率的なやり方は共通点を見つけて楽しい時間を共有する事です!
イラストパーティーではお絵描き好き同士でワイワイお話しながら楽しく過ごす事ができますよ!
とりあえず見てみるだけでも良いと思いますよ。
参加するかどうか迷っても運営ラインの友達になると開催日がいつか分かりますよ。
是非見てみてくださいね!

お絵描きサークル「イラストパーティー」のサイトを見てみる

イラストカテゴリの最新記事